パチブログ日記

元パチプロ「小池さん(小池三成)」のパチンコ日記
今日もホールを見て回って行かない。
パチンコと間遠になり始めている今日この頃。
(2017年4月15日現在)
番外編 07/14(土)

7月4日のこと。
電車の大幅な遅延。
待ち時間に改札を抜けて最寄りのパチンコ屋に入った。
喫煙のためだ。

喫煙所ではないけれど、灰皿のあるフロアの隅からは角台のひとつであるナナシーがよく見える。
昔のオネエサンが遊技中。
「大当り!!」
ん!?
右打ちをしない。
今のナナシーは、そうなのか!?

ところで、このブログには昨年も今年も17回と記したと思うけれど、最初の年を数えるかどうかによる。

私的な話をすれば、ホールでパチンコを打たなくなって15ヶ月が経過。
廃業して11年が経過。
もう雑誌なども目にすることもない。
もともと動画は観ない。

それでも誰かにパチンコの話を聞くことはある。
なにかの機種が気になれば、インターネットでデータを見ることもあるけれど、ほぼ受け身の状態であることにはかわりがない。

近年では知り合いでパチンコをやるひともすっかり減ってきているので、このままではパチンコそのものを忘れそうでもある。
と思いきや、そうなるとは限らないかもしれない。

近ごろ、本筋がパチンコとは異なる一般的なテレビ番組で、パチンコを思い起こさせる内容を目にした。
「鉄腕ダッシュ」
「脱力タイムズ」
「サザエさん」

「鉄腕ダッシュ」での映像は、なかなか興味深い。
昔のパチンコにふれていた。
左手で玉を込める打ち出しの準備が、田植えでの苗を手のひらから指先に移す動作に似ているとのこと。
昔のパチンコに慣れ親しんでいたひとならば、苗を植えるのも早いという脈絡。

実際の順番は逆だろう。
昔の農家では、子供の頃のお手伝いは当たり前なので、苗にふれたのが先でパチンコにふれたのが後のはず。
つまり、実際には田植えのノウハウがパチンコに活かされたことになると思われる。

「脱力タイムズ」での映像を観た率直な感想。
デラ・ベッピン。

「サザエさん」における二人の言動には、次の言葉を授けよう。
『けしからん!!』
『ばかもん!!』
『恥を知れ!!』

マスオさんの七夕へのお願いは「777」とは、これいかにだ。
それだけに留まらず、7月7日は連れパチ。
マスオさんと波平さんのサラリーマンコンビ。

2人揃ってスリーセブンで大当りと相成ったようだ。
お土産として、紙袋には缶詰やらお菓子やらが入っていたような気がしないでもない。

缶詰や紙袋、それにデジパチが合致する時代背景を察してみよう。

パチンコ屋で紙袋が使用されていたのは昭和末期の辺りまでと思われる。
高校生の頃、学校で煙草を売る際は、紙袋の中で煙草を縦にして、それを横に5コ並べて、ブロック状にして封をする。
そのワンブロックを1000円で売っていた。
普通に買っても1100円ではあるけれど、高校生にとって100円の差は大きい。

バイト代の時給が600円前後だった時代。
オートバックスは580円だったか!?
奥田運輸は620円だったか!?

コンビニエンスストアも増えてきていて、いわゆるコンビに袋も出回っていた。
特殊景品をコンビ二袋に入れてくれるところもあった。

オレが打ち始めたのは、15才のとき。
昭和61年。
1986年。

缶詰が景品として人気があった時代を知らない。
オレが打ち始める前のことになる。

デジパチの登場によって、まとまった出玉を得られるようになったので、缶詰やお菓子の一般景品としての需要が著しく減少したとの説が有力であるし、実際にそうするのが普通であると思う。
その転換期は、デジパチが登場した1980年と思われる。

つまりは、あれだ。
缶詰と紙袋、それとデジパチという3つが共通項になるのは、1980年から1986年までとなるだろうということ。

アニメを観ていた印象としては、デジパチの大当りがさもめずらしい事象のようでもあった。
そこから察すると、マスオと波平は、当たる頻度は低いけれど、当たれば出っぱなしになる「高射倖性デジパチ」を打っていた可能性もある。

オアシスαみたいなものだろう。
いずれも実際の確率がナンボだったのかは知らん。

大人がパチンコをするだけならばまだしも、あれだ。

数多の未成年に対して、パチンコの情報を発信。
子供心に思うよね。
お菓子がもらえる。
それがパチンコというもの。
「パチンコをやってみたい」

数多の未成年に対して、お酒の情報も発信。
子供心に思うよね。
ご機嫌になるのがお酒というもの。
「お酒を呑んでみたい」

そもそも二人が仕事をしているシーンよりも酒を呑んでいるシーンの方が多いのではあるまいか。
子供心に思うよね。
「大人はちょっと仕事をやって、あとは呑んだ暮れていればいい」

喫煙のシーンは、もうないだろう。
テレビで喫煙のシーンを見ることはほとんどなくなっている。

「んがっーふっふ」も、もうない。
苦情によって長きに渡る〆がなくなったみたい。

情報を断ち切るというのは、取捨選択の機会をなくして、思考の機会をなくすことにもなるので、いかがなものかとも思う。

一般のメディアがパチンコ関連の映像を流せるということは、スポンサーも認めていることであるのだろうか。
ならば、パチンコに対しての批判は減少傾向にあるのではないかとも思う。
また、苦情が寄せられるか探りを入れているのかとも思う。

近ごろテレビではパチンコ関連のコマーシャルを観なくなっている。
夏なのに「海」のCMを観ない。

テレビを観る時間そのものが減っているせいだろうか。
ほかの地域ではやっていたりするのだろうか。

仕事中、車から流れるFMラジオでは、パチンコ屋のCMを耳にすることもある。
流れるというか眠気防止に付けているんだけれどね。

ウルトラセブンって羽根モノではないんだよね!?
羽根モノを打ちに千葉みなとのD'stationとマルハンに通っていたこともあったっけ。

昨日は森口博子さんに「誕生日おめでとう」って、いってもらえた。
7月生まれ全対象。
枠が広い。

どのみち、あれだ。
今のコンプライアンスに口うるさい御時勢にしては、サザエさんはちょいと芳しくない内容となる場合もあって、そこが好きな部分でもあるけれど、それを支えるスポンサーの寛容さから察すると、それも民の意見が反映されていることであるだろうから、きっとパチンコの未来も明るいだろうと思うわけだ。

さあ、パチプロに戻るぜ!!

ぶっちゃけた話をすると、あれだ。
パチンコをやろうが仕事をやろうが、いずれにも過度にのめり込めないのであれば、どっちをやってもいいのではないかと思い始めている今日この頃。

さて、今日も暑い。
朝6時過ぎで曇っているのに室温は30度に達している。
仕事場でも30度をこえるのは日常的なこと。

夏本番。
体調を崩さぬように注意。

| パチンコ日記 | 07:18 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 07:18 | - | - |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/07/15 12:02 AM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/07/14 11:44 PM |






    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ