パチブログ日記

元パチプロ「小池さん(小池三成)」のパチンコ日記
今日もホールを見て回って行かない。
パチンコと間遠になり始めている今日この頃。
(2017年4月15日現在)
番外編 05/19(土)

朝6時に目が覚めた。
昨夜は22時前には寝入ったので、8時間ほど寝ていたことになる。

いやはや、今週は疲れた。
気温も上がって夏模様。

エアコンのない場所での作業もあるので、暑さがことさら応える。
昔話をすれば、暑い中でアルバイトをやったこともある。

もう30年ほど前のこと。
お中元の時期に荷物の仕分けを短期のアルバイト。

食用油が重かった。
ひと箱に2リットルが12コだっけ!?
容器は今と違って鉄だったね。
油は水よりも比重が少ないけれど、すんごい重かった。
腰を痛めちゃったっけ。
夏場の倉庫は風通しもなく暑いだけ。

ほかにも同じく30年ほど前のこと。
教材のセールスのアルバイト。

炎天下の中で営業。
報酬は基本給はほとんどなく歩合給次第。

1日やった時点で契約はゼロ。
営業しながら「オレだったら、まず買わない」と思っていた。
買ってくれるひとがほぼいないだろうから、これは無理だ。
暑さにまいっていても、そのくらいのことには気付く。
やる前に気付けという話。
やる前には暑さにまいっていなくても、そのくらいのことにも気付かなかった。
結局、陽が落ちた宵の口になって、1日で辞めたっけ。
短気で短期のアルバイト。

世の中には空調設備がないところでの仕事がいくらでもある。

それと比べてみれば、パチンコでのお座りは楽。
ホール内は快適環境だもん。

昔はタバコの臭いや騒音が今よりも酷かった。
それがパチンコ屋の代名詞でもあった。

今ではガラスではなくプラスティックだったかポリカーボネイトだったかが、ほとんではあるまいか。
音は「ガチャガチャ」で、今は「コンコン」って感じで騒音も減っている。

今ではタバコの臭いも空調機器の発達によって軽減されている。

仕事の話をすれば、今後は喫煙所が増加傾向になるだろうから、その設置関連の仕事に就こうと思っていたけれど、実務経験がないから無理だったんだよね。
そりゃ、そうだ。

でも、あれか。
内定をいただいたけれど、お断りした会社から、人手不足のあおりで就職の誘いがあらためてきたことも何度かある。
内心では、その話に乗らざるをえない状況に陥っているような気がしてきている。

今の仕事は体力的にシンドイときもある。
このまま続けて、仕事の合間にも筋トレをやっていれば、やがてはサスケに出れるのではないかとも思うほどだ。
肉体労働といえば、知り合いの解体工はアスリートみたいな体つき。
オレの場合は、そこまでの力仕事ではなく、お腹が出る余裕がある。
現状における仕事での憂い事は、体力的にどうこうではないけれどね。

パチンコばっかりやっていた頃は楽だった。
空調が効いている快適空間で座りながら打ち出しによる試行と、その記録の作業を積み重ねるだけだったからね。
原チャリでのホール回りは夏場と冬場はつらかったけれどね。
ならしてみれば、加齢による体力の減退もあったけれど、やはり楽であると自覚していた一面もあった。

だからパチンコから離れようと思った際、体力的に不安もあっので、まずは歩くことから始めたっけ。
やりようがない日なんて、10キロくらい歩くこともめずらしくなかった。
それもあったので、仕事を始めてすぐに体力的にシンドイこともあったけれど、辞めることなく今も続いているのだろう。

そうやって考えてみれば、あれだ。
この前に記したサクラの話。
体力的には楽。
ホールないしその従業員とつるまずに打っている、いわゆる普通のパチプロよりも楽。
ホール回りの手間がないもんね。

サクラといえば、客寄せのための存在という認識をしているけれど、誘いの件はちょいと異なる。
パチンコでは、こんな感じ。

指定される台がいくつかあるので、そのどれかに座る。
釘がアケられている場合もあれば、アケられていない場合もあるとのこと。
収支に関しては出ようが出まいが取り分は決まっている。
釘がどうこうではなく、ほかの台よりも当たるとのこと。

単純な話として、出している台があることを周知したいだけならば、その台に誰かが座っていればよいだけの話で、特定個人を選択する必要はない。
メディア関係者の中には、誰かが出していればいいならば、その特定個人を選択しても同じことだから、サクラごときのことで騒ぐまでもないというひともいるけれど、それでは技量の差異によって得られる結果を除いて公平さを損なってしまう。

昔話をすれば、30年ほど前はアケられる台が事前にリークされて、出したぶんは全部もらえるとのことだったけれど、近年では様相が異なるみたいだね。

誘いの件に関しては、その内情はわかりかねる。
店ぐるみの経費削減なのか、従業員の副業なのか、わからないけれど、そのいずれかであるだろう。
ゆえにサクラという「出して客を寄せる」という本来の意味合いとは、ちょいと異なると思うわけだ。

この件に関しては、ごく稀な話にすぎないだろう。
パチンコを長年やってきたけれど、打つ側にいて、それだけで喰っているひとにはお会いしたことがない。
ホールないしその個人とつるまない打ち方と、サクラを兼用しているひとは何人かいるけれど、ウエイトはヒラにある。
パチンコを打って飯を喰っているひとのほとんどは、ヒラということになるだろう。

昔のようなヒラで勝てる甘い環境があればパチプロも悪くないなと思うけれど、それは今となっては無い物ねだり。
ならば仕事をするのみ。
そういうことになる。

ところが、あれだ。
ちょいと問題が生じたわけだ。
転職に興味を示しているのは、それが原因。

予期せぬ身体の不具合。
治療のためには入院する必要がある。
手を加えれば完治するみたい。
処置は1時間としても経過観察と原状回復で1ヶ月以上掛かりそう。
しかしながら、会社をそれだけの長期間に渡り休むことは許されない。

就職する前、1週間とか2週間とか入院したことがあったけれど、その際はパチンコをひと時ばかり休んで目先のいくばくかの金銭を得られなくなっただけのことにすぎず、復帰して継続することができた。
それが今では、継続を失うことになる。

入院を先送りするとしても、時期をずらすだけにすぎず、ふたたびリセットすることにはかわりがない。
転職こそ糧を得る手段となる。

ふと思う。
面倒なもんだのひと言。

こんな感じで体調のこともあって、「パチンコばっかりやっていた頃は良かったなあ」と昔の自由度の高さを懐かしく思い出したりもしていたわけだ。

あ〜あ。
なんか、あれだ。
イヤになっちゃった牧さんのひと言。

まあ、しようがない。

今日は、雨上がり。
苗チェックをしたのち、電気屋に行ってこよう。
炊飯器や冷蔵庫もそろそろ寿命。

炊飯器は、パンも作れるし、圧力釜として使えて豚の角煮なども簡単に作れる、便利なヤツなんだけれどね。
内釜のフッ素コートがはがれてきている。
それだけならまだしも裏蓋は玄米や五穀米のせいか詰まりと汚れが目立ってきている。
裏蓋を買い替えたのが5年ほど前だっけ。
10年ほど使っているので、炊飯器そのものの買い替えを選択。

冷蔵庫は、うるさくなってきている。
コンプレッサーのベアリングや緩衝剤の摩耗や劣化による騒音の増加かもしれない。
部品交換の作業には興味があるけれど、バラして交換する部品を選んで直すまでの手間や他の部品の劣化や消耗なども考えると、買い替えを選択する。

一方、テレビ録画番組視聴問題は、とりあえず解決。
テレビには録画出力端子がついているので、そこから録画番組を観ることができた。
「石田さんチ」は、すでに社会人成長記でもあり、それはそれで自身の過去の特殊性もあってか、面白い。
「たいむとんねる」は、自分よりも年代が上のひとのネタになるけれど、自身が懐古趣味のようなところもあるので、面白い。

テレビは捨てるか直すか。
部品代も高額ではなくさほど直す手間が掛からないならば、あれだ。
和室用に直して使おう。
昔のレグザはけっこう使い勝手が良いのだ。

そうそう。
明後日は第三種電気主任技術者の申し込みもしよう。
入院してお勉強というのもありだ。

それは良い土日をお過ごし下さい。

| パチンコ日記 | 09:32 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 09:32 | - | - |





 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ