パチブログ日記

元パチプロ「小池さん(小池三成)」のパチンコ日記
今日もホールを見て回って行かない。
パチンコと間遠になり始めている今日この頃。
(2017年4月15日現在)
03/31(金)

イカン。
出遅れた。
今日は、さぞや込んでいるに違いない。
パチンコ屋ではなく病院の話。
予想よりも早く終わった。
次の野暮用までは、しばし時間がある。
ホールを見て回っていく。
ほどなくして、気になる台に手が伸びた。
なんのことはない。
V入賞率が低い。
あっという間に負け。
アカン。
今月の最後にガミ。
ホールをあとにして、あれやこれやの野暮用に取り掛かる。
待ちが長い。
15時になったところで帰宅。
野暮用がもうひとつあって、昼からの予定であったけれど、時間をズラしてもらって、この時間にしたのだった。
あれやこれやの野暮用が終わって、一段落したのは16時を回ってからのこと。
ちょいとベランダの掃除。
雨が降り始めていて薄暗いけれど、花の色が引き立っている。
桜にアーモンド、桃などの苗木は花がこぶりだけれど、集中があるので見栄えが良い。
ようやくオステオスペルマムも咲き始めている。
多少は手間隙を掛けた甲斐があったというものだ。
さて、あれだ。
今月は、いったい何事かという感じであった。
収支の結果は、まさかのタムラマサカズさん。
ふと思う。
パチプロを最初に始めたのが、ずっと前の3月。
ハネモノで堅調に勝っていたね。
その28年後の今月。
とっくに廃業しているけれど、平日に関しては、もうすぐパチンコを打てなくなることを意識していて、だからといって最後にお遊びでなんてお気楽に打っていたわけではなく、今まで通りの立ち回りを繰り返していた。
そのヤメ際でもある、この3月。
ハネモノで、まさかの負け越しと相成った。
なんという巡り合わせ。
昔ながらのやり方で、わざわざ手間を掛けて負けているのだから立つ瀬なし。
謳ってもいいかな。
♪ちょいと listen to me 言わんこっちゃないさ〜
データの見方を変えたらアニハカランヤの心境になった。
日々を振り返ってみれば、ハマリの頻度が多めの印象を受けていた。
そんな確率統計学に反する印象を受けるには、それなりの理由があるのではなかろうか。
先月も打って今月も打ってみた台に関しては、すべてV入賞率が著しく下がっていた。
結果としてそうなってしまったけれど、ならしてみればどうなるかだけでなく見方をかえて分布してみたところ、やたらめったらハマる印象を受ける原因が明確になったのであった。

どんな感じなのか「V入賞率が大幅下落」なんて記しているだけではなく、たまにはデータを用いてあれやこれやとふれておくのもいいだろう。

とある機種、とある台での30試行までのデータを用いて、敗者の弁とする。
細かく「コ数」で分布すると面倒なので、大雑把でもいいやということにして「所要時間」に置き換えてみた。

ある日のこと。
A台
00~03分以内 15件
04~06分以内 7件    
07~09分以内 5件 
10~12分以内 2件
13~15分以内 1件
16~18分以内 0件
19~21分以内 0件
22~24分以内 0件
25~27分以内 0件
28~30分以内 0件

ちょいとグラフっぽくしてみよう。
00~03分以内 111111111111111
04~06分以内 1111111
07~09分以内 11111
10~12分以内 11
13~15分以内 1
16~18分以内
19~21分以内
22~24分以内
25~27分以内
28~30分以内

A台に関しては、試行数が少ないのでもうちょいとバラつくこともあるけれど、早い当りが多いことは一目瞭然。
昔のハネモノは、まさにそんな感じ。

ある日のこと。
B台
00~03分以内 14件
04~06分以内 4件
07~09分以内 9件
10~12分以内 1件
13~15分以内 2件
16~18分以内 0件
19~21分以内 0件
22~24分以内 0件
25~27分以内 0件
28~30分以内 0件

ちょいとグラフっぽくしてみよう。
00~03分以内 11111111111111
04~06分以内 1111
07~09分以内 111111111
10~12分以内 1
13~15分以内 11
16~18分以内
19~21分以内
22~24分以内
25~27分以内
28~30分以内

B台に関しては、試行数が少ないのでバラつきが目立つということもあるけれど、ハマリが多いことは一目瞭然。
ちなみにハネモノの合間、たまに打っていたギョウザ7000では、ヤクモノにおけるV入賞率のバラツキもさることながら当り出現率までもがBのようになってしまっていて、試行数の累計は記さないけれど、公称値35・8分の1に対して実践値47分の1ほどになって大負けしたまんま。
デジパチ機では、なるべくしてBのようになる場合もあるけれど、なんでそうなるのかはあれなんで避けるけれど、アナログ機でなるべくしてそうなる場合というのは物理的にはありえることであっても、さすがに現実的にはないと思いたい。

まあ、あれだ。
今月に関しては、ハネモノでのV入賞率がB台のようなデータばっかりになってしまっていたので、ハマる印象が強まっていたということ。
とりわけ現金投資の際はAのような曲線をそれなりに描くけれど、持ち玉になってからはBのようにイビツになってばかりであった。
そこに「追ってみれば、くすぶる」という最大の原因を見出したことはいうまでもないのだ。
V入賞率そのものが低いのでバラつきやすくなっているという考え方もできるけれど、試行が多い持ち玉になってからの方がそうなっているのは、なかなか自然ではない。
均一な試行を積み重ねることができるから安定するし、均一な試行を積み重ねることができないから荒れるともいうけれどね。
確率が低いとしてもAのグラフが縦長になるだけなんだけれどね。
今まで何度かここにも記したことではあるけれど、経験則による物言いとして、昔ながらの過去のV入賞率を参照して釘を見て台を選んで勝ちやすいのはAであるし、逆にBでは勝ちづらい。
今後は、もっとちゃんと当たって戻してくれるのか!?
こうやって日常的にデータを目にするのも楽しいけれど、本当にあと何日間かのことになる。
さて、外は雨。
けっこう寒い。
風邪には注意。

| パチンコ日記 | 19:49 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 19:49 | - | - |





 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ