パチブログ日記

元パチプロ「小池さん(小池三成)」のパチンコ日記
今日もホールを見て回って行かない。
パチンコと間遠になり始めている今日この頃。
(2017年4月15日現在)
番外編 05/27(土)

爽やかな朝。
部屋にいると涼しいけれど、ベランダは日差しで暑い。
いつしかハイビスカスのつぼみもお目見えしていて夏模様。

昨夜はちょいと呑んできた。
パチンコ雑誌がらみのひとが会社を辞めるとのことでアンオフィシャルの送別会。
オフィシャルの送別会に関しては通知がなかった。
近年では出版がらみの仕事をやっていないも同然だからね。

ショッカーを始めたのは、25年前とか26年前とかのことで、ちょうどこの時期のことではなかっただろうか。
昨夜の面子のひとりは、入隊に関しての面接を担当してくれたひと。
それから数年後、結果としてとんでもない迷惑を掛けてしまったことは今でも覚えている。
面子のもうひとりは、入隊したのち養成を担当してくれたひと。
その当時、日常的に手間を掛けさせてしまったことは今でも覚えている。

送別会には仕事に長らく携わっているひとが来ていたということは、辞めたのは長らくやっていたひとであるということ。
勤続10年とのことだ。
十年一日。
過ぎてしまえばマッハシュート。
よくよく思い起こしてみれば、辞めたひととの仕事の接点はほとんどなかったけれど、オレから見て気安く話し掛けることができるひとりであるのは、たまの呑み会では話し相手になってくれる優しいオネエサンでもあるからだろう。

パチンコ雑誌がらみの呑み会に行ったのは久しぶりのこと。
みんな明るい。
今回の釘がらみのひと悶着が始まってから早2年が過ぎようとしている。
パチンコの先行き不透明感による不安話は出尽くしちゃったあとなのかもしれないね。
たとえ気にしたところでパチンコそのものがどうなるわけでもないからね。
とどのつまり、みんな明るいまんまでいられるのも当然であるということ。
ちょいと強引な展開のような気がしないでもない。

すっかり酩酊状態になって日が変わる前には電車に乗り込んで帰宅。
シャワーを浴びて、とっとと寝た。
酔っぱらったときはたいていはそのまま寝るのでシャワーを浴びるのはめずらしい。
ん!?
なにかが、あったような気がする。
あっ!!
そうだ!!
電車から降りた際、シャツが濡れていた。
ヨダレを垂らしながら寝ていたのかと思ったけれど、なぜか髪も濡れていた。
帰宅してから気づいたことではあるけれど、頭の一部には赤っぽいゼリー状の個体があった。
もしや血!?
でも、シャツは水が掛かったように濡れているだけで汚れているようには見えなかった。
そんなことがあったので、帰宅して即座にシャツを洗濯機に入れたのちシャワーを浴びたのだった。

電車で座って寝ていた最中、なにかが起こっていた。
そうそう。
誰かがオレに倒れ掛かってきたみたい。
そうそう。
いきなり頭になにかが降り掛かってきたと思ったら髪の毛だった。
カツラではない。
女性の長い髪の毛。
そういえば、男性の「大丈夫ですか」という問い掛けと女性の「大丈夫です」という応答が聞こえたような気がしないでもない。
夜の電車ではありがちな酔っぱらいとシラフないしさほど酔っていないひととの会話としか思っていなかったので、さして気にしなかった。

高田馬場で乗って早稲田に着く前には寝入っていた。
茅場町かどこかの辺りでも一旦は目を覚まして、快速で停車駅が少なく長めに乗ることになるので、その前にひと吐きしようかと思いながらも降りるまで寝入っていた。
その間、なにかが起こっていたわけだ。
つまりは、あれだ。
井戸からサダコさんが登場して濡れたままオレに降り掛かってきたということに違いあるまい。
いや、酔客が吐いちゃって、それを浴びちゃったということか!?
でも、それ特有の酸っぱい臭いはなかった。
オレはドアのすぐ横の席に座っていて、その傍らに立っていたひとがヨダレを垂らし続けていたということか!?
もしやケガをして血を流しながら汗をかいていて、それが垂れてきていたということか!?
いや、そうであるならばもっと電車内が騒がしくなっていたであろう。
それとも大騒ぎになっていたけれど、オレは目が覚めないほど酔いつぶれていたということか!?
爽やかな朝はどこへやらって感じになっちゃった。

朝になって寝起きのシャワーを浴びながら、あれこれと思い出そうとしてみたけれど、なにがなんだかわからないまま今に至っている。
シャツに掛かっていたなにかも洗濯したらシミになっているようなことない。
オレが頭をどこかにブツけて切ったのかとも思ったけれど、タオルも枕も汚れていない。
いったい、なにがあったのか!?

気掛かりではあるけれど、シャワーを浴びてすっきりした。
さあ、お勉強をおっぱじめよう。
あんまりにも物覚えが芳しくないので、ちょいと焦り始めている。
昨日、問題集をちょいとやってみたけれど、駄目だこりゃのひと言だったもん。
だからビールも今日からしばらくはお預けにするつもり。
それもあって昨夜は呑みに行ってきたつもり。
あくまでも、つもり。

ならしてみれば楽しい送別会でなによりであった。
お世話様です。
職場は変わっても頑張ってください。
オレも頑張ろう。

よって、今日もホールを見て回っていかない。

| パチンコ日記 | 13:39 | comments(0) | - |
番外編 05/14(日)

朝6時に目が覚めた。
休みの日でも、いつもと変わらぬ1日のスタート。
ちょっとお勉強をしたり、このブログを記したりしてみる。
ベランダではバラが咲き始めている。
その中のひとつであるジジは、赤と白の色の境目が明確に線引きされているようで、そのコントラストも相まってキレイ。
たいていは主体となるのが赤であるけれど、白が目立っているのもある。
好みで話を進めれば、今年は当り年。
よし!!
パチンコに行こう!!
その前に、あれだ。
キレイの最上級は「ス・ス・ス・ス・スーパーキレイ」であることに間違いない。
この最上級は過去問題の傾向から察するに試験に出やすいことが明らかなので、アンダーライン。

近ごろになって資格取得試験の勉強なんかもしているけれど、なかなか覚えられない。
うんこドリルみたいのは、ないのか!?
本屋の店頭で見かけて何ページか目にしてみたところ、あけすけな文言の数々に度肝を抜かれた。
そのひとつひとつが子供の頃、授業中に発言しようものなら「ふざけるな」と怒られることが確実となる文言で、廊下行きの罰は免れなかったであろう。
「廊下で立ってなさい」とか「廊下で正座してなさい」なんて罰が実際にあったご時世。
そういえば転校初日のこと。
席が後ろのヤツと一緒に廊下に立たされた覚えがある。
そうやって子供の頃のことを思い出すと、そもそも廊下で罰を与えられていた際は授業を受けていなかったし、だからといってそのぶんの補習もなかったのだから学力が身に付くはずもない。
少年期において学習をする機会が不本意ながらも剥奪された結果としてバカが定着したわけだ。
近ごろ物覚えが芳しくないのは年を喰っているせいではないことにも大いに納得がいく。
そんな詭弁を思いついた。

現状、資格を取ろうにも学識が危ういということ。
また、資格の取得にあたり学識だけでなく技能が必要となる場合もあるけれど、それも危ういということ。
先日までの連休中にちょっとはお勉強を進めておくつもりでいたけれど、野暮用をすませたり苗遊びをやったり呑みに行ったり飯を喰いに行ったりして予定が遅れているまんまだ。
現状ではパチンコに費やす時間を作れない感じでもある。
見ようによってはパチンコに費やす時間を作ろうとしていない感じでもある。
もともとなにかを効率よく進められるような器用さはないからね。
例えば、3時間くらい空いたとして、ちょいとパチンコでもというよりは、ちょいと苗遊びでもとなりそうだし、ちょいとドライブでもとなりそうだし、ちょいと打ちっぱなしでもとなりそうだし、ちょいと買い物でもとなりそうだし、ちょいと掃除でもとなりそうだし、ちょいとビールでもとなりそう。

パチンコを打つことから離れて、1ヶ月ちょっとの時が過ぎている。
あっという間という感じ。
パチンコをやっていると、金銭的なことを除けばなにも進展がないような日々の積み重ねのようでもあるので、実は時の流れを意識しづらいのかもしれない。
オレの場合、ふと気づいたら年を喰っていたという感じでもあるからね。
オレにとってパチンコから離れるというのは、ともすれば玉手箱を開けるのと同じようで、夢中になっていたことから目が離れると同時に、その目線が自分自身に向くことなのかもしれない。
まあ、パチンコに限らずなにをやっていても年を喰っているという進行形の意識を日常的にする機会は少なく、年代など世間一般の段階的なことを基準にして、突発的に年を喰ったと自覚するのが普通かもしれないけれどね。

さて、ちょいとビールでも呑んでから昼寝をしよう。
いや、そうではない。
本日は綿密な予定を立ててみた。
1 ホールを見て回っていかない。
2 バラやオステオスペルマム、マーガレットなどの剪定およびハイビスカスの根切りをして、その合間に洗濯と掃除とお勉強。
※訂正
2 お勉強の合間に洗濯と掃除、苗いじり。
3 宵の口になって、ひと風呂あびて、ビールを片手に大相撲夏場所を観戦。
まあ、いいや。
今日も良い休日でありますように。

| パチンコ日記 | 09:07 | comments(0) | - |
番外編 05/06(土)

朝5時すぎに目が覚めた。
早い目覚めだ。
寝る時間も22時とか23時とかで早いけれどね。
年のせいではなく生活習慣の変化にあるだろう。
パチンコをホールで打たなくなって早1ヶ月が過ぎている。
家で釘を叩いたり玉を打ったりして遊ぶことはあるけれどね。
そんな折り、パチンコがらみの雑誌の原稿を書こうとした。
ほんのわずかでしかないけれど、これがもう遅々として進まない。
このブログに関しては、私的な日記でしかなく実際にあったことに加えて思ったことを記すだけなので淡々と進む。
なにか思うことがあれば記すし、なければ記さない。
でも、現状の原稿にしたって同じ順序で、こちらで思うことがあって、それをネタとして提案しているのだから、さくさくと進むべきと思うけれど、今回はちょいと違う。
知り合いの何人かは、実践の原稿をお金になるからこそ打っていなくても過去の経験をもとにして想像で書けるなんてクチにしているけれど、オレには無理。
それができるかどうかは、あれだ。
何を求められているのか、その自覚の有無にも左右されるだろうし、また、能力の差にもあるだろうね。
オレの場合、過去を振り返るネタでさえなかなか進まないのは、今パチンコをホールで打たなくなっているだけで昔のパチンコからも気が離れちゃうせいかもしれない。
過去は切り捨てているつもりではあるけれど、今があるのは過去のおかげでもある。
今と過去が一心同体少女隊みたいな感じなんだろうね。
まあ、パチンコをホールで打たなくなれば、パチンコがらみの原稿が書けなくなるのではないかとも思っていた。
だから3月になってホールでパチンコを打つことと間遠になることがほぼ決定的になったあたりから、あれやこれやと思うことを書き連ね始めて、その一部をこのブログに載せてみたんだけれどね。
確かにホールで打っているときは、いろいろと思うこともある。
やっぱり、あれだ。
家で打つぶんには娯楽。
ホールで打つぶんには投機であり、娯楽は付加的な部分。
雑誌がらみの原稿ネタはもっぱら投機の部分にあたるので、そこから離れてしまえば原稿が進まないのも当然かもしれない。
そんな言い訳を思いついた。
それとも、あれか!?
もしや五月病ではあるまいな。
昨日は昼から夕方まで借りている土地の整理をしたり耕したりして、夜になるとビールを呑んで飯を喰って22時には寝た。
なんとまあ健全だこと。
そりゃ、どんな五月病だって話。
まあ、いいや。
ちなみに、あれだ。
パチンコがらみの原稿書きは、すでに煙ばかりになっているようではあるけれど、たまに残り火が燃え盛って、その刹那に一気に書き上げるような感じでなんとかなったりもする。
今日は、そうだった。
最初の1時間ほどボ〜っとしたのち2時間ほどで書き上げて、昼から夕方までは園芸遊びをしたのち夜は飯を喰いつつビールを呑んで、今に至る。
さて、今日もホールを見て回っていかなかった。
連休は、あと1日。
明日は週明けの月曜日以降の準備をして終わりそう。
それもまた、ひと並みの連休の過ごし方なのかもしれない。
ちなみに知り合いの何人かによると、新規やリニューアルのいくつかは旨味があったとのことではあるけれど、既存ホールはそれはもう厳しかったとのことだ。
恐いもの見たさで釘を目にしに行くのもいいかもしれない。

| パチンコ日記 | 22:20 | comments(0) | - |
番外編 05/05(金)

連休中。
いつもより遅い朝食。
メニューはご飯に納豆と卵をかけて、それとフレグラの牛乳漬け。
和洋折衷でもあり栄養バランスにも長けている二面性を併せ持つ。
嘘かもしれない。
実際には二面性があるのかなんて知らん。
テレビのスイッチオン。
ほ〜う。
いい度胸だ。
「上等だよ、テル」としかいいようがない。
朝食の最中、そのドンピシャリのタイミングで「うんこ」の連チャン放送。
爽やかな朝が台無しではないか。
すかさずクレームだ!!
もちろん、そんなことはせん。
思わず笑っちゃった。
なかなかいい出来のドリルであると思う。
でも、あれだ。
オレがお子ちゃまの頃に販売されていたとしても、例えば「ドリフ禁止」とか、しつけには多少は厳しかったきらいがあるので、「うんこドリル」を手にすることができたかどうかわからん。
でも、「ひょうきん族」は禁止されていなかった。
その差は、どこに!?
理解に苦しむ。
テレビでは、しばし間を置いてCMが流れた。
それと同じようなCMを確か一昨日だったかも目にしたっけ。
そういえば、もう10年ほど前のこと。
お店に行ってアサリの串を贈答品として購入したいと伝えたところ、販売員は原産地名を出して、それでも差し支えございませんかと聞いてきたっけ。
海の近くなので、その地物を取り扱っていると思うのが普通だろう。
お店としては、オレが原産地と加工地を混同して購入しようとしていることに気づいて、それでもかまいませんかと問うてきたわけだ。
ちゃんとしているお店じゃん。
海はつながっているのだから、どこでもいいと思わなくもない。
でも、ずっと上の世代のひとの中には産地などを気にするひともいるからね。
近ごろでは、世代を問わず気にする場合もあるだろう。
とある原産地の野菜は売れ残っている傾向があるように思わなくもない。
夜にスーパーに行くと、その産地のものだけが残っていることもめずらしくないからだ。
知り合いのひとりは、野菜だけでなく園芸用の土も気にしていて、その対応は実際に害があるのかどうかもわからないことなので、過敏にも思えるし適切にも思える。
話をアサリに戻すと、オレの世代は物が良ければそれでいいと捉えることがほとんどであるようにも思うけれど、その際は買わなかったっけ。

今日もいい天気。
家にいるのがもったいない感じではあるけれど、宅配便を午前中の配達で指定したので、9時から12時までは外には行けない。
宅配は午前中指定の場合、ヤマトは9時すぎになることが多く、サガワでは12時前になることが多い。
荷物を受け取ったら、ちょいと軽い運動がてら借りている土地を耕すとしよう。
近ごろではだいぶ体も動くようになってきている。
4月に入って生活がかわり、体力がついていかなくてバテるのではないかと若干の心配もあったけれど、そうはならずにすんでいる。
それ以前から、ちょいと時間を見つけては歩くように努めていたおかげでもあると思う。
3月に関しては稼動の中途半端さに便乗して10キロをこえて歩いた日も何度かあった。
やっていたことは、日常生活における作業効率を下げながらもトレーニングとして素手で芋を掘り起こすジョーとなんら変わらない行動のような気がしないでもないけれど、それも今になって体力的には役立っているのだろう。
さて、今日もホールを見て回っていかない。

| パチンコ日記 | 11:20 | comments(0) | - |
番外編 05/04(木)

この連休中。
知り合いの趣味でやっているひとが久しぶりにパチンコに行ったとのこと。
オレに「ボッタクリ」なんてクレームを入れられても困る。
愚痴なんだけれどさ。
行ったのは既存ホールとのこと。
なんでもボーダーの半分くらいしか回らなかったとのこと。
メールの内容は文言による非難ばかりで数値などの詳細が記されていなかったけれど、新基準でボーダーが20回ちょっとになるところ10回ちょっとしか回らなかったということか!?

パチンコに久しぶりに行くと還元率が如実に下がっていることを体感しやすい一面もある。
例えば、足繁く通っていて毎日0・1回転ずつ下がっていったとしても、2日目や3日目は20回転が19・9回とか19・8回とかになるだけなので大して意識しないかもしれない。
それが何日か積み重なって5回転も下がっていると意識するひとも増えるだろう。
その途中経過もなく、久しぶりに行ってみたら5回転とか下がっていたとなれば還元率が下がっていることを認識しやすいのも当然だ。

まあ、あれだ。
近ごろではパチンコは慢性的に出さないなんて話も聞くけれど、出す時期と出さない時期がもともと偏りがちでもある。
もちろん一概にいうことはできず、ホールごとの思惑次第でもあるけれどね。
私的な過去数年間の話をすれば、あれだ。
新規ホールやリニューアルを除いた既存ホールにおける還元率の傾向。
結果として、状況が多少は甘い傾向が見受けられていたのは連結決算期の頭となる「1月・4月・7月・10月」。
ようは、その月はそれなりに勝っていたということ。
1月に関しては、正月になって一気にシメられた釘が残っていたせいもあって厳しく見えたけれど、実際の収支を振り返ってみれば、ほかの月より良かったりもした。
4月・7月・10月に関しても収支が著しく芳しくないようなことはなかった。
逆に芳しくなかったのは「3月・6月・9月・12月」。
釘がどうこうだけではなく、なぜか当りが鈍くなって、にっちもさっちもいかなくなりがちであった。
酒の席では近年の連結決算期の末は、それまでに利益を確保できていなかったので、そのぶん還元率を著しく下げるほかはなかったのではないかという憶測話にもなっていた。
昔は6月と12月に関しては勝ちやすかった印象が強い。
新規開店やリニューアルがそれなりに盛り上がっていて、それだけに留まらずその近隣ホールも還元率が上げられていたおかげでもあるだろう。
それは、もう10年前とか20年前とかの話になるのかもしれない。
今では、新規ホールやリニューアルホールがあるとして、その近隣ホールはおこぼれで客足が増えるのを見越して、なおさら還元率を下げることもめずらしくない。
新装開店の際、還元率を一気に下げるのと同じ理屈だ。
そんな還元率の落ち込みとは逆に新装開店の際に還元率を上げるホールでは、近くに新規ホールやリニューアルホールがあれば、それと同様に還元率を高める。
そうやってとらえれば多少は的が見えてくるというものだ。

よし!!
すでに近場の状況は虫の息なので、今から遠征しよう!!
うっちょんぽよよ〜ん。
ごめん。
嘘ついた。
パチンコに行く気はさらさらないような気がしないでもない。
今日もいい天気。
五月晴れだ。
布団を天日に当てて干して、その脇で苗の剪定をして、ちょいと野暮用にも手を付けたりして、ノンビリ気味でいこう。
今日もホールを見て回っていかない。

| パチンコ日記 | 11:24 | comments(0) | - |
番外編 05/03(水)

朝5陣すぎに目が覚めた。
昨夜は軽く呑んできた。
呑みの場が終わる前に眠くなったので早退。
多少のパチンコ話をしたりもした。
もう1ヶ月近く打っていないことになる。
耳鳴りとめまいが止まったね。
玉が盤面を流れる音と玉を弾く振動は体に伝わってくるからね。
煙草の煙なんてのも芳しくないね。
パチンコは最も健康を阻害する娯楽であるとも思うね。
ひと頃は、それを承知の上でパチンコに行っていたわけなんだけれどね。

近ごろの状況に関しては、なおさら厳しくなっているなんて話も聞いた。
日常的に稼動するのが大変なんて話も聞いた。
ならしてみれば収益の方は芳しくないなんて話も聞いた。
既存ホールのほとんどでは、やりようがない有り様みたい。
頼みの綱は新規ホールやリニューアルホールとなるけれど、高日当の台が少ないだけでなく、ホールの数が少なく広範囲に散らばるので、勝てるとしても手間がひと頃よりもかさむ。
現状を例えるならば、ひと頃は期待日当で3万円の台をひとつ作っていたところでも、今では1万円の台を三つ作るような感じで、それなりの稼ぎになる台が如実に減っているみたい。
実際には3万の台をひとつ作る代わりに1万円の台を三つではなく一つないし二つ作るようなサジ加減で、やはり勝てる台は減っている。
今さらながらもいえば昔の普通は今では高望みということになる。
勝ち分に関しては減少傾向。
そのためか集まる面々も変わってきている。
日当2万円とか3万円とかを求めていたひとはパチンコから離れがちになり、逆に1万円とか1万5千円とかでもかまわないひとは寄ってくる。
負け分に関しては増加傾向。
それもまた寄ってくる面子が変わってきている原因のひとつだろう。
収支の上下を想像すると、あれだ。
昔はマイナス10万円からプラス10万円までとして、それが今ではマイナス13万円からプラス7万円までになっていて低空飛行に移っているようなものかもしれない。
今日びのパチンコは、そんな賑わい方をしているのではなかろうか。
今回の釘騒動が始まって早2年が過ぎようとしている。
現状、肝心の営業釘に関しては検定釘には程遠いとしても、還元率が下げられて、結果として射倖心が抑制されている格好になっているようにも思う。
とはいえ、収支の上下の幅こそが射倖心の高低を決めると思うので、とどのつまり根本的な改善には至っていないと思う。
それが釘騒動の顛末ということだ。
いや、顛末とは限らない。
現状では、なんのこっちゃ感が強いことは否めないけれど、その積み重ねによってパチンコが長らく存続していることも、また事実。
今後、ちょいとした変動期になるとして、最初の内は勝ちやすい状況になるとしてもホールとしては経費過多になってなおさら還元率を下げざるを得なくなるように思う。
まあ、いいや。

この連休中は、もしパチンコに行くならば新規ホールのみということになりそうではあるけれど、そんな気にはなれず、いくつかの野暮用をすませて、あとはノンビリと過ごすつもり。
新しい暮らしに慣れつつある今日この頃。
周りのひとたちにあれこれと気を遣ってもらっているので、日常的にパチンコに行くのは申し訳ないような気もしてきている。
それでも今後、金銭を得る目的でパチンコに行こうとするならば、新規ホールないし変動期の上澄み狙いとなりそうだ。

今、朝7時になろうとしている。
外では陽が昇っていて、すでに明るい。
いつの間にやらベランダの花苗がけっこう咲いている。
ここのところは目にする余裕もあまりなかった。
ラナンキュラスにマーガレットにオステオスペルマムに、ほかにもあれこれあって色とりどりで派手。
眠くなってきたので、もうひと眠りしよう。
いつもは起きる時間になって、もうひと眠りできるのも休日ならではだ。
さあ、ベランダの花を眺めつつビールをひと呑みしてから寝よう。
いや、そうではない。
朝っぱらから呑んでどうする。
そもそも昨夜の酒もヌケていない。
気温が上がる季節の変わり目。
ビールの呑み過ぎに注意しつつ睡眠をとって健康を維持しよう。
今日もホールを見て回っていかない。

| パチンコ日記 | 06:45 | comments(0) | - |
番外編 04/16(日)

ホールを見て回っていかない。
ネタ台のいくつかをちょいと見に行ってみようかと思わなくもない今日この頃。
アナログ機の一部は、たまに盛り上がることがある。
ホールのデータではアナログ人口はいかほどになるのだろうか。
例えば会員カード登録の際、そのアンケートで好みの機種としてハネモノなどのアナログ機を選択するひとは、全体の1%に満たないなんて話も聞いたことがある。
その統計がどれくらい的を射ているのかといえば、選択肢が記されている順番、客層や地域差にも左右されるだろう。
また、打ち手の思惑によっても異なるだろう。
勝っていこうとする層と趣味でやっている層とでは機種の選択が異なる。
単純に選択の幅が広がれば稼動しやすくなるので、勝っていこうとする層の中には好みかどうかはさておきアナログ機もひいきにするひとも多い。
ネタがあれば、稼動する機会も増えるだけでなく時給も上がるので、なおのことだ。
知り合いの中には、仕事の合間にネタをやるなんてひともいる。
短時間しかやらないので目立ちづらい長所もある。
そんなパチンコとの付き合い方もあるもんだ。
さあ、ちょっくらパチンコに行ってこよう。
いや、そうではない。
春といえば、野菜苗シーズン。
朝っぱらから昼過ぎまで借りている土地の除草をしたりして体を動かしたのち、ちょいとノンビリして今に至る。
あとは明日の準備をして、とっとと寝よう。
パチンコに行くとしても先のことになりそうだ。
打たない暮らしも、それなりにいい。
近ごろの平日の息抜きは、あれだ。
喫煙所がないと思っていたけれど、ちゃんと用意されている。
その場で頻繁に行われる、いわゆるタバコミュニケーションは本業とは全く関係ない談笑になりがちであるけれど、だから息抜きにはもってこい。
パチンコ屋ではパチンコの話ばっかりになるけれど、所かわれば品かわるということかもしれない。
まあ、喫煙所は息抜きの場所でもあるからね。
あとは呑みのコミュニケーションがあれば万全と思うけれど、現状では時間的にそんな余裕はない。
煙草と酒を目的にすると本末転倒で、なにをしに行っているのだという話になっちゃうけれどね。
なんだかんだいっても新しい暮らしに慣れつつあるみたい。
まずは疲れを溜めて体調を崩さぬように気をつけよう。

| パチンコ日記 | 18:47 | comments(0) | - |
番外編2 04/07(金)

続・敗者の弁。
この先も眠くなるほど長い。

気持ちを入れ替えて、ピラミッドを打ってみた。
昔であれば「釘見だけ」で勝ち負けが決まる機種なので、あっちこっちに行っていたはずだ。
パープルアイスとか、それ打て浜ちゃんとかエリチャンとかダイナマイコとか、ステージがない機種となれば釘見だけでイケるので、けっこう手広く動いたっけ。
今回は、思い腰が動かず。
ピラミッドをチョロっと打ってみて、そのあとに打つ側だけでなく打たせる側の話を聞いたりもして妙に納得した思いだった。
釘調整とはほかの行為で還元率を上下させることは難しいことではなく、それを主導しているのは結果としてメーカーか販売店か機械屋かホールかメディアか、仕事上の会話や取材などで録音されているのが流出したら大問題になるという話はないことにして、実際に打ってみれば釘だけではやりづいらい印象が肯定された気分にもなったわけだ。
ピラミッドは「玉リーチ」がそれなりに楽しいけれどさ。
進むほど当たりやすい点、進まなければ当たらない点は、ずっと昔に京楽から登場した居酒屋2とかボクシング2などのロングリーチみたい。
Vゾーン間際の当たるかハズれるかの分岐点は、当たり図柄の1コマ前のようで、それをこえれば大当りとなるような感じ。
玉の動きに魅せられるパチンコ本来の楽しみが、そこにもある。
ほかに打ったのは天下一閃。
すごい楽しいけれどさ。
田山さんの「ジェットラインで鋭角的に命釘を抜けるのが好き」っていうのと同じような心情かはわからないけれど、天下では直線的にVゾーンに決まる瞬間が気持ちいい。
それってアナログ依存症なんだろうね。
天下に関してはヤクモノがらみの機種なので出玉の多いハネモノみたいであるというのは承知の上でのこと。
とはいえ、確率が低くてスペックが高い機種に関しては遣いがかさむので、ホールとしてはデジパチのマックスタイプのように還元率をちょいと甘くしないと集客しづらい短所も併せ持つ。
だからデジパチで甘デジよりもマックスタイプの方が勝ちやすいのと同様、天下にしてもハネモノよりは勝ちやすいかもしれないとの予想にも後押しされて、ひと勝負。
実際には天下にしてもハネモノよろしく2月よりも3月の方が、こっちの計算した利ザヤを大きく喰われてしまうほどV入賞率が下がっていたというオチがついたけれどね。
それでもハネモノでの負け分くらいは取り戻すことができたので、3月の総収支はマイナスにはならなかったけれど、金銭のやりとりとしてはトントンで、気分のやりとりとしては大ガミだ。
昨今では、今のパチンコを昔のオレが打ったらどう思うのだろうかと考えたりもしていた。
パチンコにハマることは、まずなかったと思う。
4月に入って負け越しをしたままパチンコから離れて、今日に至る。
中途半端にやっても勝てないご時勢になっていることも痛感したけれど、パチンコにおいては「ゆとり世代」でしかないので、その割には頑張った方ではなかろうか。

今日も早めに終わった。
平日は夜になれば打ちに行く時間を作れる。
土日祝であれば朝から晩まで時間を作れる。
でも、パチンコには当分は行かないかもしれない。
3月はそれなりに時間を費やしたのにロクスッポウ勝てなかったのだから、土日祝に朝から晩までやってもまともに勝てる気がしない。
そうやって1日単位で見ても勝てる気がしないのだから、平日に3時間とか4時間とかやっても、なおのこと勝てる気がしない。
今後、打ちに行くのか行かないのかに関しては、あれだ。
やっぱりヤメ際に手間をないがしろにされて勝ち損ねてばかりいた印象が強いので、白け気味。
勝ち負けだけの問題ではない。
先日、もうパチンコには来ないのかと知り合いに問われた際、ごく自然にクチをついたのは「当たる気がしないから、つまらない」というひと言であった。
それは実益を考えず、消費を前提とする玉遊びの趣味としても接しづらいという自らの本心を垣間見た瞬間であったのではなかろうか。
このままホールに行かなくなるかもしれないとも思うし、なんの気なしにホールに行くかもしれないとも思う。
パチンコから離れてたったの3日間しか経っていないけれど、もっと昔のことのように思うのは時間ではなく気持ちの離れによるところが大きいのかもしれない。
まあ、いいや。
え!?
新しい生活!?
実に新鮮で刺激的。
さて、とっとと飯を喰って、とっとと風呂に入って、とっとと寝よう。
明日の土曜日と明後日の日曜日は、ちょいと花見に行ったり来週月曜日からの準備をしたりバタバタしたまま終わっちゃいそう。
なにをするにしても体調を崩さぬように注意。

| パチンコ日記 | 22:44 | comments(0) | - |
番外編1 04/07(金)

朝、校正をやったり税金がらみの書類に手をつけたりちょいとバタバタしていたのでベランダの苗チェックをする時間さえなかった。
慌ただしく朝食を摂って家をあとにする。
ホールを見て回っていかない。

続・敗者の弁。
この先は眠くなるほど長い。

勝てる状況は、まだ残っている。
知り合いのパチンコに生活を乗せているひとたちが勝っているのは当然のこととして趣味でやっていて勝っているひともいる。
つまりは、やりよう次第でもあるということ。
私的な物言いをすると、勝ちを優先するならば好まないこともやらざるをえないほど状況は逼迫している。
勝っていくためには枠を取っ払う必要に迫られていた。
パチンコを打つ上で自ら作った枠がある。
例えば、趣味でパチンコをやっている常連さんが前日に座っていった台には座らないとか。
常連さんがいなくなるとホールは利益を取れなくなって一気に還元率が下がったりするから。
ほかには例えば、前日に打ち手が差玉で勝っていた台には座らないとか。
他人の実績につられて座っているみたいで、なんか照れくさいから。
前日、自分で打っていれば関係ないけれどね。
ほかには例えば、前日にハネモノで当り数が20回とか30回とか伸びていた台には座らないとか。
釘ではなく履歴につられて座っているみたいで、なんか照れくさいから。
前日、自分で打っていれば関係ないけれどね。
そりゃ、たまに注意不足で座っちゃうことはあったけれどさ。
ほかには例えば、並ばないとか。
メディア関係者のサクラの話を具体的に聞いたのが20年以上も前のことで、良からぬ誤解が生じればホールの集客も難しくなるのではなかろうかと、いつの頃からか意識するようになっていたから。
例外として、特定の台を押さえるために最後に並んだのは、羽根セブンのときであったと思う。
ヤク出来の良い台に行き当たって非常に楽しくもあり、年末という時期でほかにはめぼしい台もなかったので、30分とか20分とか並んだっけ。
それ以降、特定の台を押さえるために並んだ覚えがない。
覚えていないだけという話もあるかもしれないけれどさ。
イベントで10分ほど並んだとか、リニューアルで30分ほどとか、当てずっぽうの並びはあったけれどね。
いわんとしていることは、枠の中でやることをもっとうにしていたけれど、それでもまともに勝っていけるだけの状況を見失っていたということ。
とりわけ勝てる台が如実に少なくなっている現状では、やりようなしときたもんだ。
その手の言動に関しては、知り合いのプロ連中からは緩いだのなんだの散々っぱらいわれ続けていて、確かにそうなんだけれど、性分とかもあるからね。
しかしながら、もし足かせを外したとしても、そうやすやすと事が運ばないことにも察しがつく。
知り合いのパチンコへの接し方を記したりもしたけれど、非難する意図はなく、そこまでやらなければ勝っていくことができない状況の厳しさを表わしたということ。
上手い連中であっても端から見ればマーク屋のような立ち回りになっていたのは、技量を欠いているからではなく勝てる台が減少しているためであり、ほかの選択肢がないからであることにも察しがつく。
オレの場合、アナログ機だけでなくデジパチも打てば選択肢が広がるぶんだけ多少は稼動をつなげやすくなることはわかっていたけれど、以前からパチンコと間遠になる頃合いを意識していて、ならばパチンコにのめり込んだきっかけでもあるアナログ機で幕を閉じるのもいいのではないかという心理を優先し、金銭的に見れば煮え切らないところもあったことを否定しない。
最後になって自分を曲げるのも歯がゆい話。
かくして、3月はハネモノをやって勝負に勝って試合に負けた。
あの台この台のV入賞率が以前よりも下がっていたので、もはや勝ちようなしと思い始めていた。
途中からはハネモノの釘を見たり見なかったりで気持ちが離れているのも、よくわかった。
釘の動きよりもV入賞率の変化にさいなまれる日々に嫌気がさして、ついには打たなくなった。
過去には、そんなことは一度もなかった。
オレが通った道は誰かが通った道。
当たらなくなっていると、つまらなくなるね。
オレが通った道は誰かが通る道。
当りが鈍くなるとアナログ機そのものがつまらなくなるから、できることなら避けてほしいね。

| パチンコ日記 | 22:43 | comments(0) | - |
04/04(火)

昨夜のこと。
夕陽がきれいだなんて思っていたら急に雨が降ってきて雷も鳴り始めて何事かと思った。
天気の急変。
朝、ベランダの花苗が折れていたり鉢が倒れていたりしたので、ちょいと整理しておいた。
今日はいい天気。
太陽のまぶしい光に照らされながら駅までの散歩道を歩く。
その途中、忘れていたことに気づいた。
挨拶がてらにスーツを着る必要があるけれど、しばらくは使っていないので陰干しをするつもりでいた。
ところが、今朝は苗の整理をやって原稿をチョロッと書いて、あとは朝食をとって、いつものように家をあとにしたのだった。
帰ったら布団乾燥機でやってしまおう。
そろそろ布団乾燥機の役回りも暖めモードから乾燥モードに移行する頃合い。
着る服にしても、気温の変化による衣替えではなく行くべき場所が変わるので、それに合わせて変わる。
「ひよっこ」もタイマー録画にしておこう。
今年の春は今までとは違うことがよくわかる。
そうか!!
これが「違いのわかる男 ゴールドブレンド」ということだ。
まあ、いいや。
いつもの喫煙所で、いつものように一服。
しばらくは、この喫煙所を使うことはないだろう。
あれやこれやと移ろいを迎えることになるわけだ。
ホールを見て回っていく。
ほどなくして、迷いながらも気になる台に手が伸びた。
宵の口になったところで、ヤメ。
今日のところは、かろうじて負けはしなかったけれど、昨日の負けぶんさえ取り戻すことができず。
これにて、平日のパチンコはしばらくお預けと相成った。
やむおえない事由がある場合、休めるとの話ではある。
それはアナログ機の新機種登場も該当するに違いない。
土日祝に関しては休みではあるけれど、どうしようかと煮えきらない感じ。
とりわけ今年に入ってからは、過去のV入賞率を参照し釘見により台を選ぶという昔ながらの勝ち方が空振りしてばっかりであるからだ。
もう、あきらめなさいってことかもね。
そもそもアナログ機では、ヤクモノ比率を下げるために一般入賞口に入りやすくされるのではなくV入賞率が下げられるというオチもあるから個人的には面白味を欠いてしまう。
アナログ機は早い当りが積み重なってナンボだもん。
ぶっちゃけた話をすると、以前にもこのブログでふれたと思うけれど、不正ないしグレーゾーンがあるとして、それらが打ち手にプラスに作用するか否かはホールの思惑次第。
今後は、どうなるのか。
パチンコの急変。
とある私文書にざっと目を通した限りでは、あれだ。
近頃になってアナログ機が注目されるようになっているのは、釘調整に頼らずとも還元率を調節しやすいグレーゾーンを有する機種にもなり得るためであると察しがつかないこともない。
いたちごっこは、いかがなものかと思う。
そういえば、あれだ。
先日、風適法が改正されると記したけれど、そうではなく出玉規制が強化されるだけみたい。
失礼しました。
内心では抜本的に変わるかもしれないと思って喜んじゃったけれどね。
決め事に関しても、なるようにしかならん。
まあ、いいや。
さあ、とっととひと呑みふた呑みしにいこう!!
いや、明日は早朝から野暮用があるので、今日は早じまいしただけ。
とっとと飯を喰って、とっと風呂に入って、とっとと寝よう。
夜はちょいと冷える。
季節の変わり目。

体調を崩さぬように注意。

| パチンコ日記 | 21:10 | comments(0) | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ