パチブログ日記

元パチプロ「小池さん(小池三成)」のパチンコ日記
今日もホールを見て回って行かない。
パチンコと間遠になり始めている今日この頃。
(2017年4月15日現在)
番外編 04/16(日)

ホールを見て回っていかない。
ネタ台のいくつかをちょいと見に行ってみようかと思わなくもない今日この頃。
アナログ機の一部は、たまに盛り上がることがある。
ホールのデータではアナログ人口はいかほどになるのだろうか。
例えば会員カード登録の際、そのアンケートで好みの機種としてハネモノなどのアナログ機を選択するひとは、全体の1%に満たないなんて話も聞いたことがある。
その統計がどれくらい的を射ているのかといえば、選択肢が記されている順番、客層や地域差にも左右されるだろう。
また、打ち手の思惑によっても異なるだろう。
勝っていこうとする層と趣味でやっている層とでは機種の選択が異なる。
単純に選択の幅が広がれば稼動しやすくなるので、勝っていこうとする層の中には好みかどうかはさておきアナログ機もひいきにするひとも多い。
ネタがあれば、稼動する機会も増えるだけでなく時給も上がるので、なおのことだ。
知り合いの中には、仕事の合間にネタをやるなんてひともいる。
短時間しかやらないので目立ちづらい長所もある。
そんなパチンコとの付き合い方もあるもんだ。
さあ、ちょっくらパチンコに行ってこよう。
いや、そうではない。
春といえば、野菜苗シーズン。
朝っぱらから昼過ぎまで借りている土地の除草をしたりして体を動かしたのち、ちょいとノンビリして今に至る。
あとは明日の準備をして、とっとと寝よう。
パチンコに行くとしても先のことになりそうだ。
打たない暮らしも、それなりにいい。
近ごろの平日の息抜きは、あれだ。
喫煙所がないと思っていたけれど、ちゃんと用意されている。
その場で頻繁に行われる、いわゆるタバコミュニケーションは本業とは全く関係ない談笑になりがちであるけれど、だから息抜きにはもってこい。
パチンコ屋ではパチンコの話ばっかりになるけれど、所かわれば品かわるということかもしれない。
まあ、喫煙所は息抜きの場所でもあるからね。
あとは呑みコミュニケーションがあれば万全と思うけれど、現状では時間的にそんな余裕はない。
煙草と酒を目的にすると本末転倒で、なにをしに行っているのだという話になっちゃうけれどね。
なんだかんだいっても新しい暮らしに慣れつつあるみたい。
まずは疲れを溜めて体調を崩さぬように気をつけよう。

| パチンコ日記 | 18:47 | comments(0) | - |
番外編2 04/07(金)

続・敗者の弁。
この先も眠くなるほど長い。

気持ちを入れ替えて、ピラミッドを打ってみた。
昔であれば「釘見だけ」で勝ち負けが決まる機種なので、あっちこっちに行っていたはずだ。
パープルアイスとか、それ打て浜ちゃんとかエリチャンとかダイナマイコとか、ステージがない機種となれば釘見だけでイケるので、けっこう手広く動いたっけ。
今回は、思い腰が動かず。
ピラミッドをチョロっと打ってみて、そのあとに打つ側だけでなく打たせる側の話を聞いたりもして妙に納得した思いだった。
釘調整とはほかの行為で還元率を上下させることは難しいことではなく、それを主導しているのは結果としてメーカーか販売店か機械屋かホールかメディアか、仕事上の会話や取材などで録音されているのが流出したら大問題になるという話はないことにして、実際に打ってみれば釘だけではやりづいらい印象が肯定された気分にもなったわけだ。
ピラミッドは「玉リーチ」がそれなりに楽しいけれどさ。
進むほど当たりやすい点、進まなければ当たらない点は、ずっと昔に京楽から登場した居酒屋2とかボクシング2などのロングリーチみたい。
Vゾーン間際の当たるかハズれるかの分岐点は、当たり図柄の1コマ前のようで、それをこえれば大当りとなるような感じ。
玉の動きに魅せられるパチンコ本来の楽しみが、そこにもある。
ほかに打ったのは天下一閃。
すごい楽しいけれどさ。
田山さんの「ジェットラインで鋭角的に命釘を抜けるのが好き」っていうのと同じような心情かはわからないけれど、テンカでは直線的にVゾーンに決まる瞬間が気持ちいい。
それってアナログ依存症なんだろうね。
天下に関してはヤクモノがらみの機種なので出玉の多いハネモノみたいであるというのは承知の上でのこと。
とはいえ、確率が低くてスペックが高い機種に関しては遣いがかさむので、ホールとしてはデジパチのマックスタイプのように還元率をちょいと甘くしないと集客しづらい短所も併せ持つ。
だからデジパチで甘デジよりもマックスタイプの方が勝ちやすいのと同様、天下にしてもハネモノよりは勝ちやすいかもしれないとの予想にも後押しされて、ひと勝負。
実際には天下にしてもハネモノよろしく2月よりも3月の方が、こっちの計算した利ザヤを大きく喰われてしまうほどV入賞率が下がっていたというオチがついたけれどね。
それでもハネモノでの負け分くらいは取り戻すことができたので、3月の総収支はマイナスにはならなかったけれど、金銭のやりとりとしてはトントンで、気分のやりとりとしては大ガミだ。
昨今では、今のパチンコを昔のオレが打ったらどう思うのだろうかと考えたりもしていた。
パチンコにハマることは、まずなかったと思う。
4月に入って負け越しをしたままパチンコから離れて、今日に至る。
中途半端にやっても勝てないご時勢になっていることも痛感したけれど、パチンコにおいては「ゆとり世代」でしかないので、その割には頑張った方ではなかろうか。

今日も早めに終わった。
平日は夜になれば打ちに行く時間を作れる。
土日祝であれば朝から晩まで時間を作れる。
でも、パチンコには当分は行かないかもしれない。
3月はそれなりに時間を費やしたのにロクスッポウ勝てなかったのだから、土日祝に朝から晩までやってもまともに勝てる気がしない。
そうやって1日単位で見ても勝てる気がしないのだから、平日に3時間とか4時間とかやっても、なおのこと勝てる気がしない。
今後、打ちに行くのか行かないのかに関しては、あれだ。
やっぱりヤメ際に手間をないがしろにされて勝ち損ねてばかりいた印象が強いので、白け気味。
勝ち負けだけの問題ではない。
先日、もうパチンコには来ないのかと知り合いに問われた際、ごく自然にクチをついたのは「当たる気がしないから、つまらない」というひと言であった。
それは実益を考えず、消費を前提とする玉遊びの趣味としても接しづらいという自らの本心を垣間見た瞬間であったのではなかろうか。
このままホールに行かなくなることもあるのかもしれないとも思うし、なんの気なしにホールに行くかもしれないとも思う。
パチンコから離れてたったの3日間しか経っていないけれど、もっと昔のことのように思うのは時間ではなく気持ちの離れによるところが大きいのかもしれない。
まあ、いいや。
え!?
新しい生活!?
実に新鮮で刺激的。
さて、とっとと飯を喰って、とっとと風呂に入って、とっとと寝よう。
明日の土曜日と明後日の日曜日は、ちょいと花見に行ったり来週月曜日からの準備をしたりバタバタしたまま終わっちゃいそう。
なにをするにしても体調を崩さぬように注意。

| パチンコ日記 | 22:44 | comments(0) | - |
番外編1 04/07(金)

朝、校正をやったり税金がらみの書類に手をつけたりちょいとバタバタしていたのでベランダの苗チェックをする時間さえなかった。
慌ただしく朝食を摂って家をあとにする。
ホールを見て回っていかない。

続・敗者の弁。
この先は眠くなるほど長い。

勝てる状況は、まだ残っている。
知り合いのパチンコに生活を乗せているひとたちが勝っているのは当然のこととして趣味でやっていて勝っているひともいる。
つまりは、やりよう次第でもあるということ。
私的な物言いをすると、勝ちを優先するならば好まないこともやらざるをえないほど状況は逼迫している。
勝っていくためには枠を取っ払う必要に迫られていた。
パチンコを打つ上で自ら作った枠がある。
例えば、趣味でパチンコをやっている常連さんが前日に座っていった台には座らないとか。
常連さんがいなくなるとホールは利益を取れなくなって一気に還元率が下がったりするから。
ほかには例えば、前日に打ち手が差玉で勝っていた台には座らないとか。
他人の実績につられて座っているみたいで、なんか照れくさいから。
前日、自分で打っていれば関係ないけれどね。
ほかには例えば、前日にハネモノで当り数が20回とか30回とか伸びていた台には座らないとか。
釘ではなく履歴につられて座っているみたいで、なんか照れくさいから。
前日、自分で打っていれば関係ないけれどね。
そりゃ、たまに注意不足で座っちゃうことはあったけれどさ。
ほかには例えば、並ばないとか。
メディア関係者のサクラの話を具体的に聞いたのが20年以上も前のことで、良からぬ誤解が生じればホールの集客も難しくなるのではなかろうかと、いつの頃からか意識するようになっていたから。
例外として、特定の台を押さえるために最後に並んだのは、羽根セブンのときであったと思う。
ヤク出来の良い台に行き当たって非常に楽しくもあり、年末という時期でほかにはめぼしい台もなかったので、30分とか20分とか並んだっけ。
それ以降、特定の台を押さえるために並んだ覚えがない。
覚えていないだけという話もあるかもしれないけれどさ。
イベントで10分ほど並んだとか、リニューアルで30分ほどとか、当てずっぽうの並びはあったけれどね。
いわんとしていることは、枠の中でやることをもっとうにしていたけれど、それでもまともに勝っていけるだけの状況を見失っていたということ。
とりわけ勝てる台が如実に少なくなっている現状では、やりようなしときたもんだ。
その手の言動に関しては、知り合いのプロ連中からは緩いだのなんだの散々っぱらいわれ続けていて、確かにそうなんだけれど、性分とかもあるからね。
しかしながら、もし足かせを外したとしても、そうやすやすと事が運ばないことにも察しがつく。
知り合いのパチンコへの接し方を記したりもしたけれど、非難する意図はなく、そこまでやらなければ勝っていくことができない状況の厳しさを表わしたということ。
上手い連中であっても端から見ればマーク屋のような立ち回りになっていたのは、技量を欠いているからではなく勝てる台が減少しているためであり、ほかの選択肢がないからであることにも察しがつく。
オレの場合、アナログ機だけでなくデジパチも打てば選択肢が広がるぶんだけ多少は稼動をつなげやすくなることはわかっていたけれど、以前からパチンコと間遠になる頃合いを意識していて、ならばパチンコにのめり込んだきっかけでもあるアナログ機で幕を閉じるのもいいのではないかという心理を優先し、金銭的に見れば煮え切らないところもあったことを否定しない。
最後になって自分を曲げるのも歯がゆい話。
かくして、3月はハネモノをやって勝負に勝って試合に負けた。
あの台この台のV入賞率が以前よりも下がっていたので、もはや勝ちようなしと思い始めていた。
途中からはハネモノの釘を見たり見なかったりで気持ちが離れているのも、よくわかった。
釘の動きよりもV入賞率の変化にさいなまれる日々に嫌気がさして、ついには打たなくなった。
過去には、そんなことは一度もなかった。
オレが通った道は誰かが通った道。
当たらなくなっていると、つまらなくなるね。
オレが通った道は誰かが通る道。
当りが鈍くなるとアナログ機そのものがつまらなくなるから、できることなら避けてほしいね。

| パチンコ日記 | 22:43 | comments(0) | - |
04/04(火)

昨夜のこと。
夕陽がきれいだなんて思っていたら急に雨が降ってきて雷も鳴り始めて何事かと思った。
天気の急変。
朝、ベランダの花苗が折れていたり鉢が倒れていたりしたので、ちょいと整理しておいた。
今日はいい天気。
太陽のまぶしい光に照らされながら駅までの散歩道を歩く。
その途中、忘れていたことに気づいた。
挨拶がてらにスーツを着る必要があるけれど、しばらくは使っていないので陰干しをするつもりでいた。
ところが、今朝は苗の整理をやって原稿をチョロッと書いて、あとは朝食をとって、いつものように家をあとにしたのだった。
帰ったら布団乾燥機でやってしまおう。
そろそろ布団乾燥機の役回りも暖めモードから乾燥モードに移行する頃合い。
着る服にしても、気温の変化による衣替えではなく行くべき場所が変わるので、それに合わせて変わる。
「ひよっこ」もタイマー録画にしておこう。
今年の春は今までとは違うことがよくわかる。
そうか!!
これが「違いのわかる男 ゴールドブレンド」ということだ。
まあ、いいや。
いつもの喫煙所で、いつものように一服。
しばらくは、この喫煙所を使うことはないだろう。
あれやこれやと移ろいを迎えることになるわけだ。
ホールを見て回っていく。
ほどなくして、迷いながらも気になる台に手が伸びた。
宵の口になったところで、ヤメ。
今日のところは、かろうじて負けはしなかったけれど、昨日の負けぶんさえ取り戻すことができず。
これにて、平日のパチンコはしばらくお預けと相成った。
やむおえない事由がある場合、休めるとの話ではある。
それはアナログ機の新機種登場も該当するに違いない。
土日祝に関しては休みではあるけれど、どうしようかと煮えきらない感じ。
とりわけ今年に入ってからは、過去のV入賞率を参照し釘見により台を選ぶという昔ながらの勝ち方が空振りしてばっかりであるからだ。
もう、あきらめなさいってことかもね。
そもそもアナログ機では、ヤクモノ比率を下げるために一般入賞口に入りやすくされるのではなくV入賞率が下げられるというオチもあるから個人的には面白味を欠いてしまう。
アナログ機は早い当りが積み重なってナンボだもん。
ぶっちゃけた話をすると、以前にもこのブログでふれたと思うけれど、不正ないしグレーゾーンがあるとして、それらが打ち手にプラスに作用するか否かはホールの思惑次第。
今後は、どうなるのか。
パチンコの急変。
とある私文書にざっと目を通した限りでは、あれだ。
近頃になってアナログ機が注目されるようになっているのは、釘調整に頼らずとも還元率を調節しやすいグレーゾーンを有する機種にもなり得るためであると察しがつかないこともない。
いたちごっこは、いかがなものかと思う。
そういえば、あれだ。
先日、風適法が改正されると記したけれど、そうではなく出玉規制が強化されるだけみたい。
失礼しました。
内心では抜本的に変わるかもしれないと思って喜んじゃったけれどね。
決め事に関しても、なるようにしかならん。
まあ、いいや。
さあ、とっととひと呑みふた呑みしにいこう!!
いや、明日は早朝から野暮用があるので、今日は早じまいしただけ。
とっとと飯を喰って、とっと風呂に入って、とっとと寝よう。
夜はちょいと冷える。
季節の変わり目。

体調を崩さぬように注意。

| パチンコ日記 | 21:10 | comments(0) | - |
04/03(月)
いい天気だ。
ホールを見て回っていく。
その途中、いつもの喫煙所でいつものように一服。
今日も元気だ。
煙草がウマイ。
のんびりした朝。
一服を終えて電車に乗ったところ、たちまち眠くなる。
ここのところは、ちょいとバタバタしていて、お疲れ気味。
乗り過ごしそうになりながらも、ハッと目が覚めて事なきを得た。
ホールに着いて、あの台この台の釘に目を合わせていく。
ほどなくして、迷いながらも気になる台に手が伸びた。
入りは前に打ってみた際よりも良いけれど、当たらん。
ほかの台にも手が伸びていった。
当たることなく、ヤメた。
アカンアカンアカン。
負けた。
今日も夕陽が、きれいだね。
| パチンコ日記 | 17:01 | comments(0) | - |
番外編 04/01(土)

このブログに関しては「打ったら更新」という前提で長らくやってきている。
今後はパチンコを打つ機会が減ってしまうだろうから、打っていないとしても「番外編」として気まぐれ更新も加えて、思ったことなどを記していくつもりでいます。

月が開けた。
あと何日かすれば平日にパチンコを打つことがなくなるだろう。
ヤメるわけではないとしても打ちにいくとすれば土日祝に限られるような気がしないでもない。
近年では土日祝には行っていないので、その状況がわからない。
何人かの知り合いによると、土日祝であっても大きくシメられることはあまりないとの話。
それは平日でも大きくアケられることがなくなっているから土日祝でもシメられないということでもあると思う。
どのみち、話を聞くだけでなく自らの目で見るのが最も納得するだろう。
だから土曜日である今日は、今後の予行演習のつもりでパチンコに行ってみるつもりでいた。
ちょいと車でパチンコ屋に行って、打てそうになかったら園芸店でも行って野菜苗を買ってこようなんて思っていた。
7時現在、雨が降っている。
車の運転が苦手なので雨の日はほとんど乗らない。
天気予報を見るとすぐにでも止みそうではあるけれど、雨雲が広がっていて止まないような気がしないでもない。
もうちょっと天気の様子を見て、雨が上がればパチンコに行って、降り止まないならば野暮用のあれこれに手を付けておこうか。
先月、やっておかなければいけないことがいくつかあったけれど、パチンコを平日に打てるのは今の内だと思って足繁く行っていて、先送りにしていたのであった。
そんなパチンコ中心の暮らしもあと何日間かのこと。

さて、家をあとにするとしてもまだ時間がある。
ちょいとなにか記しておこう。
なにをネタにしよう。
そうそう。
上手い連中の立ち回りの変化について記しておこう。
時代も変わったといわざるをえない。
今年に入ってからのこと。
知り合いの何人かは、端から見ていれば知り合いでないほかのひとにしても、アナログ機に接する際の立ち回りが如実に変わり始めている。
長年、趣味もしくは稼業としてアナログ機を打っているひとであれば機種によっては釘調整でV入賞率が変化することはわかっている。
それを踏まえていても、所によっては釘は変わらずともV入賞率が著しく変わることもあるため、より間近の実績を台選びの手掛かりにするようになっている。
重視すべきは2日前ではなく前日の実績なんて声も聞こえてくる。
前日ではなく当日の実績の方が有効であると夕方ないし夜からやってくるひともいる。
つまりは、いわゆるマークを併用するようになっているわけだ。
オレとしてはとりわけ今年に入ってからは、勝てる台そのものが如実に減ってきているので、前日にほかの誰かが出していた台にも座るようにならなければ、勝つことそのものが困難になってきていることを痛感している。
V入賞率が安定していないということを挙げておきながらマークの有効性にもふれているので矛盾が生じているけれど、それが勝とうとするひとたちによく見受けられる実際の言動になってきているということ。
そんな台選びは、もはや釘の動きを追って勝てる台を目で探るパチンコではなく、スロットの高設定を打って探るような感じである。
また、多少なりとも事前に勝てる台の目安をつけることが出来ると、どうなるか。
知り合いの何人かは、なりふり構わず前日に出ていた台を打ち子を使ってまでして押さえに掛かる。
打ち子を使うひとが増えてきているのは、それが功を奏する状況も提供されている所があるからにほかならない。
例えば、データ機器により勝てる台が複数あるホールを絞りやすくなっていること、それにデータ機器だけでなく会員カードの貯玉により、打ち子の投資・出玉を管理しやすくなっていることなどが挙げられる。
その手の行為は今の方が昔よりも多いと思うのは、この1年ほどの間に台取りでモメたなんて話を今までにないほど頻繁に耳にするようになっているためでもある。
ちなみに、それらをあげつらう意図は一切なく、そこまでやらなければ勝てないということをいいたいだけ。
もとはといえば勝てる台が如実に減ってきていることも原因だ。
勝てる台が減っているだけならばまだしも、とりわけ残念でならないのは、やはりというべきか、ある程度は覚悟していたことではあるけれど、釘がらみのひと悶着がオレ個人としては望まない状況を生み出してしまっていること。
例えば、還元率の調節を意図する釘調整は問題視されるので、それに変わってネカセ調整が一般的になりつつあるとの話も聞くようになっている。
昔、雑誌で実験したことがあるけれど、ステージがなくても、とりわけ2本の釘が平行でない場合はネカセ調整で入賞率が変化しやすいことがわかった。
台の傾斜に関しては前後だけでなく左右の変化によっても入賞率が変化する。
それをやるのか、また、どのタイミングでやるのかもホール次第。
先に記したマークの有効性があるかないかも、そういうこと。
昨夜、インターネットの新聞で風適法を改正するという記事を見たけれど、そのどさくさにまぎれて打ち手が喜ぶなにかを盛り込んでほしいね。
わがままついでにいわせてもらえば、出玉を大幅に減らすかわりに釘調整を認めるとかね。
まあ、いいや。
さて、9時をすぎても雨はまだ降り止まぬ。

| パチンコ日記 | 09:28 | comments(0) | - |
03/31(金)

イカン。
出遅れた。
今日は、さぞや込んでいるに違いない。
パチンコ屋ではなく病院の話。
予想よりも早く終わった。
次の野暮用までは、しばし時間がある。
ホールを見て回っていく。
ほどなくして、気になる台に手が伸びた。
なんのことはない。
V入賞率が低い。
あっという間に負け。
アカン。
今月の最後にガミ。
ホールをあとにして、あれやこれやの野暮用に取り掛かる。
待ちが長い。
15時になったところで帰宅。
野暮用がもうひとつあって、昼からの予定であったけれど、時間をズラしてもらって、この時間にしたのだった。
あれやこれやの野暮用が終わって、一段落したのは16時を回ってからのこと。
ちょいとベランダの掃除。
雨が降り始めていて薄暗いけれど、花の色が引き立っている。
桜にアーモンド、桃などの苗木は花がこぶりだけれど、集中があるので見栄えが良い。
ようやくオステオスペルマムも咲き始めている。
多少は手間隙を掛けた甲斐があったというものだ。
さて、あれだ。
今月は、いったい何事かという感じであった。
収支の結果は、まさかのタムラマサカズさん。
ふと思う。
パチプロを最初に始めたのが、ずっと前の3月。
ハネモノで堅調に勝っていたね。
その28年後の今月。
とっくに廃業しているけれど、平日に関しては、もうすぐパチンコを打てなくなることを意識していて、だからといって最後にお遊びでなんてお気楽に打っていたわけではなく、今まで通りの立ち回りを繰り返していた。
そのヤメ際でもある、この3月。
ハネモノで、まさかの負け越しと相成った。
なんという巡り合わせ。
昔ながらのやり方で、わざわざ手間を掛けて負けているのだから立つ瀬なし。
謳ってもいいかな。
♪ちょいと listen to me 言わんこっちゃないさ〜
データの見方を変えたらアニハカランヤの心境になった。
日々を振り返ってみれば、ハマリの頻度が多めの印象を受けていた。
そんな確率統計学に反する印象を受けるには、それなりの理由があるのではなかろうか。
先月も打って今月も打ってみた台に関しては、すべてV入賞率が著しく下がっていた。
結果としてそうなってしまったけれど、ならしてみればどうなるかだけでなく見方をかえて分布してみたところ、やたらめったらハマる印象を受ける原因が明確になったのであった。

どんな感じなのか「V入賞率が大幅下落」なんて記しているだけではなく、たまにはデータを用いてあれやこれやとふれておくのもいいだろう。

とある機種、とある台での30試行までのデータを用いて、敗者の弁とする。
細かく「コ数」で分布すると面倒なので、大雑把でもいいやということにして「所要時間」に置き換えてみた。

ある日のこと。
A台
00~03分以内 15件
04~06分以内 7件    
07~09分以内 5件 
10~12分以内 2件
13~15分以内 1件
16~18分以内 0件
19~21分以内 0件
22~24分以内 0件
25~27分以内 0件
28~30分以内 0件

ちょいとグラフっぽくしてみよう。
00~03分以内 111111111111111
04~06分以内 1111111
07~09分以内 11111
10~12分以内 11
13~15分以内 1
16~18分以内
19~21分以内
22~24分以内
25~27分以内
28~30分以内

A台に関しては、試行数が少ないのでもうちょいとバラつくこともあるけれど、早い当りが多いことは一目瞭然。
昔のハネモノは、まさにそんな感じ。

ある日のこと。
B台
00~03分以内 14件
04~06分以内 4件
07~09分以内 9件
10~12分以内 1件
13~15分以内 2件
16~18分以内 0件
19~21分以内 0件
22~24分以内 0件
25~27分以内 0件
28~30分以内 0件

ちょいとグラフっぽくしてみよう。
00~03分以内 11111111111111
04~06分以内 1111
07~09分以内 111111111
10~12分以内 1
13~15分以内 11
16~18分以内
19~21分以内
22~24分以内
25~27分以内
28~30分以内

B台に関しては、試行数が少ないのでバラつきが目立つということもあるけれど、ハマリが多いことは一目瞭然。
ちなみにハネモノの合間、たまに打っていたギョウザ7000では、ヤクモノにおけるV入賞率のバラツキもさることながら当り出現率までもがBのようになってしまっていて、試行数の累計は記さないけれど、公称値35・8分の1に対して実践値47分の1ほどになって大負けしたまんま。
デジパチ機では、なるべくしてBのようになる場合もあるけれど、なんでそうなるのかはあれなんで避けるけれど、アナログ機でなるべくしてそうなる場合というのは物理的にはありえることであっても、さすがに現実的にはないと思いたい。

まあ、あれだ。
今月に関しては、ハネモノでのV入賞率がB台のようなデータばっかりになってしまっていたので、ハマる印象が強まっていたということ。
とりわけ現金投資の際はAのような曲線をそれなりに描くけれど、持ち玉になってからはBのようにイビツになってばかりであった。
そこに「追ってみれば、くすぶる」という最大の原因を見出したことはいうまでもないのだ。
V入賞率そのものが低いのでバラつきやすくなっているという考え方もできるけれど、試行が多い持ち玉になってからの方がそうなっているのは、なかなか自然ではない。
均一な試行を積み重ねることができるから安定するし、均一な試行を積み重ねることができないから荒れるともいうけれどね。
確率が低いとしてもAのグラフが縦長になるだけなんだけれどね。
今まで何度かここにも記したことではあるけれど、経験則による物言いとして、昔ながらの過去のV入賞率を参照して釘を見て台を選んで勝ちやすいのはAであるし、逆にBでは勝ちづらい。
今後は、もっとちゃんと当たって戻してくれるのか!?
こうやって日常的にデータを目にするのも楽しいけれど、本当にあと何日間かのことになる。
さて、外は雨。
けっこう寒い。
風邪には注意。

| パチンコ日記 | 19:49 | comments(0) | - |
03/30(木)

ホールを見て回っていく。
いつもの喫煙所で、いつもの一服。
電車に乗った。
座った席の隣では、若いオニイサンが彼よりもわずかに年上であろうオネエサンに説教をされている。
うららかな春の朝が台無し。
各々の言葉遣いから察すると、彼は敬語なので上下関係が成立している。
カップルではないとして仕事がらみの関係だろうか。
なんかの段取りの話で彼が総攻撃を受けている感じ。
声が大きいので、こちらに聞くつもりがなくても聞こえてくる。
ぶっちゃけた思いとしては、あれだ。
恐い。
ダラシナイからだとか、ついには人格否定にまで発展。
オネエサンの言動が、ぶっ飛びハリケーン。
ん!?
なんかオレが怒られている気分にならなくもない。
どのみち、静かにしてほしいところだ。
ちょいと横やりを入れてみようか!?
「お静かにお願いしたいのですが、オバサン」
そんなことをクチにしようものならブラボー烈火のごとく怒られそうだ。
やがては降車駅に着いて、難を逃れた思い。
ホールに着いて、あの台この台の釘に目を合わせていく。
ほどなくして迷いながらも気になる台に手が伸びた。
出だしは上々。
追ってみれば、くすぶる。
夜まで座っていった。
終わってみれば、あれだ。
今日に関しては、ヨシ。
とはいえ、今月に関しては、ならしてみればにっちもさっちもいかずのままで、データを振り返るとアヒャーって感じだもん。
そうやって日常的にデータを確認するのも、あと何日間かのこと。
とっとと飯を喰って、とっとと風呂に入って、とっとと寝よう。

| パチンコ日記 | 23:50 | comments(0) | - |
03/29(水)

今日も、いい天気だ。
鉢に植えてある桜もようやく咲き始めた。
頂き物で品種はわからないけれど、樹齢は20年くらいにはなるのではなかろうか。
苗木は小ぶりで高さは1メートルにも満たなく大きめの鉢に根を張っているけれど、盆栽という認識はしていない。
♪夜露に濡れた〜桜の花〜 朝の光が〜きらきら輝いている〜
まあ、いいや。
ホールを見て回っていく。
その途中、いつもの喫煙所で一服。
ふと思う。
タバコを好きなときにプカリとやれる生活も平日に関しては、あと何日間かのことになるだろう。
ホールに着いて釘に目を合わせていく。
ほどなくして、迷いながらも気になる台に手が伸びていった。
負けた。
アカンアカン。
ヤクモノへの入りが減るだけでなくV入賞率も下がっていれば、やりようなし。
ふと思う。
ヤクモノへの入りやV入賞率を分布図にすると、イビツになるのが日常的で試行の安定感に乏しい今日この頃。
さらにホールを見て回ったのち帰途についた。
やっぱり、あのせいなのか!?
アナログ機だけでなくデジパチ機も異常に出なくなっているのは、ヤクモノ比率やベースがらみのひと悶着のせいなのか!?
確かに行政への通報が開始されるというのを真に受けてしまえば今までのように事を進めるわけにはいかないだろう。
そういえば、このブログを始めた頃、一般入賞口へ入りやすいけれど、回りが遅い台を打ったこともあったような気がする。
確か新規ホールで打ったのではなかっただろうか。
データが残っているはず。
車で40分だったか50分だったかのホール。
いつだ!?
どれだ!?
「09/07 CR新海物語M8Z」
ざっと見たところ、M8Zにしては回りが遅い。
それに対して同じ時期に打ったこともあったM6は、スペックが高めでアケられる機会が少なく、そんなに投資に対しての回りを稼げなかったので、時間に対しての回りが遅くても自然のように思う。
そのM8Zに関しては、ヤクモノ比率やベースを満たしているのだろうか。
計算できないことはないけれど、面倒なので検証しなくてよろしい。
ちなみに、あれだ。
近年に関しては、求められるヤクモノ比率やベースを満たしている台は数えるほどしか打っていないような気がしないでもない。
そんな状況を目の当たりにし続けているので、求められるヤクモノ比率やベースを満たしていなくても通報されることはないだろうとタカを括っているけれど、ホールから見れば軽視できないということだろうか。
とはいえ、中途半端にヤクモノ比率を下げたり一般口への入賞を増やしたとしても、射幸心を煽ることには大してかわりがないと思う。
まあ、いいや。
とっとと飯を喰って、とっとと風呂に入って、とっとと寝よう。

| パチンコ日記 | 20:23 | comments(0) | - |
03/28(火)

朝から、いい天気だ。
ホールを見て回っていく。
その途中、いつもの喫煙所で一服しようとしたけれど、込んでいる。
閑散とするのをしばし待ってから一服。
日なたは暖かい。
ますます春めいて来ている感じだ。
ふと思う。
ここで煙草を吸うのも、あと何日間かのことになるだろう。
季節は移ろい冬から春へ。
ひとは移ろい、どこへやら。
ホールに着いて、あの台この台の釘に目を合わせていく。
ほどなくして迷いながらも気になる台に手が伸びた。
玉飛びがバラついているけれど、ヤクモノへの入りは芳しくないということはない。
ん!?
当たった!!
やはり、V入賞の瞬間は気持ちいい。
すんなりと当たったのは久しぶりのこと。
今月は、あれだ。
勇んで向かって行けば、当りが鈍くてにっちもさっちもいかず。
そんな日ばっかりのような気がしないでもない。
話はかわるけれど、大相撲春場所における琴奨菊関と照ノ富士関との一戦を観て抱くのは好感なのか反感なのかは、ひとそれぞれ。
オレとしては、スペシャルリーチの予告が出現したにも関わらず、ノーマルリーチで2〜3コマ進んだだけで終わったような気分になって拍子抜けしちゃった。
それはさておき、追ってみる。
どうなるか。
追ってみれば、くすぶる。
持ち玉は伸びない。
さらに追ってみれば、入りは下がってきて、V入賞率は思いの外ふるわなくなってきている。
なおもネバって持ち玉を減らすオチ。
夜まで座っていって、ちょいと早めにヤメておいた。
足を出さずにすんだのは幸いだった。
まあ、今日だけを見ればヨシということになるけれど、ならしてみればアカンの積み重ねときたもんだ。
帰途につく。
夜は冷える。
風邪には注意。
さて、とっとと飯を喰って、とっとと風呂に入って、とっとと寝よう。

| パチンコ日記 | 23:09 | comments(0) | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ